2017年の目標は ” 1000人と話すこと ” です。

さて、2017年の目標を決めたので、晒します。

達成できるかどうか本当にドキドキしながらですが、、
思い切って公開します。

タイトルにある通り、今年は ” 1000人と話します ”。
あえて目標を、これ一つに絞りました。

もちろん、すれ違うだけや名刺交換だけでは意味が無いので、きちんと話したかどうかの基準を「やりたいことを聞いて、応援する」にします。

つまり今年の2017年12月31日までに、
1000人分のやりたいことを聞いた状態がゴールです。

聞くだけでは価値がお返しできないので、
自分なりに課題解決やアイディアを考えたり、
できることを考えてアクションをします。

▼1年間で1000人と会う理由は?

なぜこんな大学生みたいなこと(笑)をやるのかというと。
30代は「人材採用・キャリアのプロになる」と決めたから、です。

昨年、30歳になりました。20代は自分なりにがんばってきたと思います。事業立ち上げ、海外進出支援、営業代行、オペレーション構築、改善業務、WEB制作、求人サイト運営、人事業務代行、ライティング、など色々とできることは増えました。

ただ、どれもプロではないのが悩みでした。
完全に「器用貧乏」です。
このままでは何も成し遂げられません。

▼器用貧乏を脱するには?

東京に来てからすごい方々とたくさんお会いし、
自分自身の好きなことや得意なことを考え直しました。

・新しいことが好き
・相談にのるのが好き

これは高校時代から一貫していたように思います。
・高校時代にカウンセラーになろうと思ったのも、
・大学時代に家庭教師事業で起業したのも、
・社会人になってから海外で人材紹介を始めたのも、
・昨年、海外就職の相談窓口を始めたのも、

すべて「新しいこと」や「相談」に関連していました。

▼さいごに
人生の寿命が”100年時代”になると言われており、
定年後にも平均で35年間生きる時代になります。

1社だけに依存するのではなく”複業”と言われる、
色々なプロジェクトに関わる生き方も増えます。

特に20〜30代の方々にとっては、「65歳で定年して、年金でのんびり暮らす」という人生設計は不可能になっています。

一緒に、新しい時代のキャリアを考えていきませんか?

・キャリアや仕事について考えたい方。
・人材の採用を加速させたい経営者や人事の方。
・起業やプロジェクトを開始しようとしている方。
ぜひお役に立てれば嬉しいです。

僕は人材・キャリアのプロになります。
今年も一緒に楽しんでいきましょう!
2017年も宜しくお願い致します。

今 啓亮

〜追伸〜
ということで、朝カフェ・ランチ・お茶・MTG、、
なんでも良いので、話しましょう!(笑)