人生100年時代のキャリアプランの立て方とは?

僕が考えている前提は下記です。
・人生の平均寿命が100年になる時代を生きている
・65歳で定年しても35年間あるため、ライフワークが必要
・時代の変化が加速していき、大学までに習ったことが古くなる
・年齢問わず、学び直すことで、キャリアの再構築が可能
・いま存在していない職業に就くことも十分あり得る

その前提の上に立つと、
「ライフワークに近い職業を見つけ、
時代に応じて形を変えながら働いていくこと」
が大事になってくると考えています。

65歳までは会社員でもOKですが、
それ以降は会社に頼らずに35年間生活をする時代になります。

貯金をするも良し、投資をするも良し、
趣味を仕事にするも良し、ライフワークを続けるも良し、
という感じで人生を通して、
仕事やキャリアを考えることが必要になると思っています。

ライフワークに近い職業の見つけ方は、
・やりたいこと
・得意なこと
・意味があると感じること
の3つが重なる分野だと考えています。

さらに年代軸があり、どの年代の時期に、
どんな方針で動くのかも大まかに決めておくと良いかもしれません。

例えば下記のような感じです。
・20代は好奇心と行動量で、経験を増やす
・30代はやらないこと&やることを決めて、プロになる
・40〜50代はプロとして極めるか、プロ領域×新プロ領域でレア人材になる
・60代以降はプロとして指導したり、人脈やノウハウを提供して生きる

今後について大まかに考えてからは、
現状と目標について見ていきます。

・いまのやってることはうまくいっている、いっていない?
・1年後にはどうなっていたい?
・それに向けて具体的な行動をするとしたら何?
などです。

そこで新しい人生観のもとで、
理想に近い仕事や過ごし方に近づけるための、
具体的な一歩目のアクションが出れば成功かと思っています。

行動をすれば、次の現実が起きるので、
そこからまた軌道修正をしていくことになります。

こういった人生プランや長期のキャリアプランは、
相談できる人が少ないので、そのパートナーになれれば嬉しいです。

ぜひお気軽に話しましょう。
ご連絡お待ちしてます。

info●asia-direct.jp (●を@に変えてください)