キャリアプラン(仮)のススメ

2017年に入ってから1月4日〜2月22日までで、141名の方と1対1でお話してきました。1000人面談のペースで行くと、ギリギリセーフなペースですね。

さて、面談ではその方の今後やりたいことを実現するために「キャリアプランを立てましょう!」という話をしています。そこで気づいたことがあります。

キャリアプラン通りにはいかない。ほぼ100%変わります。予想できない外部要因はたくさん起こるし、結婚や子育てで価値観は変わるし、10年後の世の中とか全く想像がつきません。

でもキャリアプランを全く立てないことも問題です。日々の業務をしていても漠然とした不安が残ったり、目標や計画を立てるときもいちいち悩んだり、将来のための準備ができなくなってしまいます。

ということで、僕からの提案です。

キャリアプラン(仮)を持ちましょう!

なぜ(仮)かというと、プランは絶対に変わるからです。決めすぎると逆に動きにくくなるし、もっと良い選択肢が出た時にチャンスをつかめない可能性もあります。

例えば、営業職をがんばりたいと思っている方は、『2年後に営業部長になる』・『3年後に営業のプロと言えるレベルになる』・『5年後に営業の本を出版する』など、仮で目標を置く感じです。

キャリアプラン(仮)を作る3つのメリット

1)仮目標に対して準備ができるから

仮の目標やプランがあることで準備ができます。知識の習得、人との繋がり、成果への意欲が得やすくなります。何も目標がないと現状のことしか対応できず、将来に対しての行動が少なくなってしまいます。

例えば『5年後に営業本を出版する』としたら、、という意識で過ごしていると、読書の量が増えたり、文章を書く機会を作ったりするようになります。

2)アンテナが立ち、情報が集まるから

人は興味を持っていることしか見えません。仮目標・仮プランがあることで、見えることや情報が変わってきます。それらを情報として集めていった結果、その分野に詳しくなっているはずです。逆に情報を集めていった結果、あまり興味が持てないと気づいたとしても大きな気づきです。

例えば『2年後に営業のプロになる』と思っていれば、飲食店や服屋さんや不動産屋さん等での営業トークにも意識が向く、という感じです。

3)方向修正する指針になるから

やってみた結果、やはり違うなと思ったらバシバシ修正していきましょう。何が合っていて、何が違ったのか、がわかります。何も計画がないとゼロベースからの考え直しですが、元のプランがあると変更するだけでOKです。どんどんベターな方向に軌道修正していけば良いと思います。

例えば『2年後に営業部長になる』と思って頑張ってきたけど、営業部長よりも新規事業部に回してもらうほうが興味湧いてきたら、『2年後に新規事業部を立ち上げる』などに軌道修正します。

キャリアプラン(仮)を立てる3ステップ

では、具体的にキャリアプランを立てる方法を解説します!超簡単です。

1)やりたいことを全部書き出す

2)仕事に関するやりたいことをピックアップする

3)年表に振り分けていく

シンプルすぎて、すみません。でも僕もそうやってキャリアプランを立ててます。僕の例を出して解説します。

1)やりたいことを書き出す。

現在130個ほどのやりたいことリストがあります。やりたいことの大中小はあります。ざざっと書くとこんな感じです。

・地中海の豪華客船に乗る
・リオのカーニバルにいく
・両親とカナダ旅行に行く
・北海道一周ドライブをする
・本を出版する
・大学で単独講演をする
・フランフランの家具を買う
・乾燥機能付きの洗濯機を買う
・一眼レフを買う
・2020年の東京オリンピックを生で見る
・セカオワのfukaseさんと会う
・国家資格のキャリアコンサルタントを取得する
・起業家育成の塾を開設
・宇宙旅行をする
などなど。。

2)仕事に関するやりたいことをピックアップする

上記のやりたいことリストの中で、仕事・キャリア・収入に繋がることをピックアップします。例えば上記リストの中であれば下記ですね。
・本を出版する
・国家資格のキャリアコンサルタントを取得する
・起業家育成の塾を開設

3)年表に振り分けていく

最後はそれらを2017年、2018年、2019年、、と振り分けていくだけです。そこから派生して、色々なやりたいことが出てくる可能性もあります。いずれにせよプラン(仮)なので、気軽にバシバシ書いていってみてください。例えば僕の場合のプラン(仮)は下記のような感じです。

2017年:
・1000人と1対1で話す、を達成する。
・国家資格のキャリアコンサルタントを取得する。
・会社として人材紹介業を始める。

2018年:
・若手向けのキャリア作成テキストを出版。
・若手向けのビジネスパーソン塾を開設。
・優秀な人たちが集まるWEBコミュニティを運営。

2019年:
・キャリアコンサルタントとして雑誌やWEBにコラムを連載する。
・本気で人生相談にのれるキャリアコンサルタントを育てて、自社内でチーム化する。
・特定分野に絞った求人情報サイトをリリース

2020年:
・NPOやボランティアなどの社会的な意義のある活動へ人材の無償マッチングを開始。
・転職支援だけではなく、起業支援も開始。
・若手向けの起業家育成の塾を開設。

まとめ

いかがでしたでしょうか?キャリアプランといっても、ガチガチになりすぎず気軽なイメージを持って頂けたでしょうか?仕事で成果や実績を出すには行動がすべてなので、スッキリと行動をするためにプランを仮で置いておく形です。

というわけで、あなたのキャリアプラン(仮)を作るために、気軽にお話しましょう!下記フォームからでもOKですし、普通に個人宛にFacebookとかメールでメッセージくれると嬉しいですー!

【なんでも相談はこちら】