フリマアプリとは別物!物の写メを送ったら即現金化できる【お金貸し】アプリCASH!

2017/06/28にリリースされた下記サービスが僕の周りのフェイスブックやTwitter上で話題になっています。

CASH(キャッシュ)
https://cash.jp/

CASH関連記事は下記です。

“質草”の写真を撮れば審査なしで資金提供——STORES.jp創業者の新レンディングサービス「CASH」

スマホで撮影「即入金」の質屋アプリCASH、STORES.jp創業の光本氏が公開ーーノールック少額融資を可能にしたその方法とは

サービス概要はこちらですね。例えばiPhoneを写メで送ると、15,000円がすぐに入金されます。それを2ヶ月以内に送ればOK。

もし送らない場合はキャンセルとなり、返金手数料が15%かかる(15,000円のモノの場合は、2250円が手数料となる)

物を写メしてお金が入る仕組み自体はメルカリっぽいのですが、僕は「お金を貸す」というビジネスだと判断しました。

CASHの運営会社から見たビジネスモデル

  1. 物を担保にお金を貸す

  2. 2ヶ月後に貸したお金の15%の手数料をもらう

  3. もしくは物自体(担保)を回収する

新しい時代の金貸しなので、それなりに需要あるかもです。法律はクリアしていると思いますが、モデルが新しすぎてグレーっぽい雰囲気なので大手企業も手を出しにくいはず。

下記は代表さんのインタビューから抜粋です。

「そもそも『借金』というとイメージが良くありません。ですが、お金を借りるということ自体は、必ずしも悪ではありません。この領域のイメージを変えられればと思っています」(光本氏)

メルカリで問題になっていた現金出品に近いサービスですね。1万円札を1.2万円を払ってクレジットカードで買うと、先に現金1万円が手に入り、1ヶ月後に1.2万円が引き落とされるという形です。

スマホから物を売るというメルカリが一般化してきたイマだからこそ、流行る可能性が高まっていると感じます。新しい時代の新しいサービス、面白いですねー!

続報で、即日ピンチなリリースが出てましたが、1日で約3万DLで3.6億円の支出はすごい。批判的な意見もありますが、個人的には「スタートアップはこうでなくっちゃ!」という前向きな感想です。

質屋アプリCASHが査定停止、開始16時間で3.6億円以上のアイテムをキャッシュ化ーー集荷依頼アイテム数は7500個に

まとめ

僕自身は現在、年間1000人と話すプロジェクトを実施中です。転職相談、起業相談、フリーランス相談、海外就職相談など、どんなキャリア相談でも本気で考えるので、是非お気軽に話しましょう!

下記フォームからでもOKですし、普通に個人宛にFacebookなどでお気軽にメッセージくれると嬉しいですー!

【なんでもキャリア相談はこちら】