営業マンはブラックコーヒーを飲めるようになれ。

ブラックコーヒーが嫌いな営業マンの方に向けて書いてます。特に新卒とか20代のビジネスパーソン向け。さらに普通にブラックコーヒーが大好きな人は読む必要ないです。

僕もブラックコーヒーが苦手でした。

僕は新卒でベンチャーでの営業職として働いていました。そこで訪問先や打ち合わせ時に出されるコーヒーが苦手でした。そもそもコーヒーが好きじゃなかったです。コーヒー牛乳は飲めましたけど。

ブラックコーヒーは苦いので、普段はミルクと砂糖をガッツリ入れて飲みます。打ち合わせ時にも飲まずに帰ったり、ミルクと砂糖を入れて飲んでました。そんな僕が、先輩から言われたのはコレです。

嫌いでもいいから、ブラックコーヒーを飲めるようになれ。

なんと。嫌いでも飲まなきゃならん、ということですか。なぜ?

その先輩は圧倒的に営業成績の高い方でした。さらに下記のように言われて、僕は完全納得してしまいました。

初めての取引をしにきた営業マンは、その人の印象が大事。出されたものを飲まないのは失礼。まずは気持ちよく飲みきれ。そして、ミルクと砂糖も入れるな。先方にとって、ミルクと砂糖は追加コストになってる。もし使わなければ、それはストックされるものになる。

さらにミルクと砂糖を入れるのに時間もかかる。せっかく忙しい中、貴重な時間を頂いたのだから、無駄な時間はかけないようにしろ。別に美味しくコーヒーを飲みに来ているわけじゃない。営業として受注につながる動きをしにきたわけだよ。だから、時間もかけない、コストもかけない、印象も良く思ってもらう。

そのために、営業マンはブラックコーヒーくらい飲めるようになれ。

要は、ブラックコーヒーは飲みきる方が好印象なわけです。いまでは好き嫌い関係なく、ブラックコーヒーも飲めるようになりました。

別に飲まなくても受注が取れる人もいます。ただほんの少しでも好印象になれる、小さなことをできる人が伸びるのかなと思います。

まとめ

細かなことでも常に気をつけていることで、大きな印象や結果の差に繋がることがあります。ぜひコーヒー嫌いな営業マンの方は参考にしてもらえるとうれしいです。

いま僕はフリーランス/起業/複業を個別コンサルを通じて支援しています。ご興味のある方は、下記の紹介ページを読んで頂ければと思います!

個別コンサルの受けられるオンラインサロンはこちら