95%のことは「気合い」でなんとかなる。

今日は表題の「気合い」について書いてみます(笑)

案外、語られることが少ないと思うのですが、
ビジネスや仕事での成功において、
「気合い」が最も重要なファクターなのではないかと思い始めました。

一般的にはスキルとか経験とか資格とか人脈とか資金とか、
目に見えるファクターについて触れられることが多いです。

ただ、それらは結果的にそうなっただけで、
スキルや経験がもともとあったから成功した、
という感じではないように思います。

では、そのスキルや経験や実績や人脈がどうやって出来たのか、という根本を探ると、
気合い・情熱・想い・夢などの「目に見えない」要素になっています。

結局、ビジネスモデルや市場規模に関係なく、
本気の本気で取り組んでいらっしゃる方々は、
その分野ごとに成功と言える結果を残されています。

つまり、社会的な成果を残したければ、スキルを身につけたりするよりも、
まず先に「自分が本気で気合いを込められるかどうか?」が大事だと思います。

それが色々な方々の独自の表現方法になっていて、
・やりたいことをやろう
・夢を実現しよう
・好きなことを仕事にしよう
・本気でやれば仕事は楽しくなる
などの表現の仕方に分かれているのだと思います。

その気合いが入ることへの動機付けは人によって違います。
・このコトをやっていれば気合い込めてできる
・このヒトのためなら気合い込めてできる
・カネのためなら気合込めてできる
・絶対に負けたくないから気合いで勝つ
・このままだと暮らしていけないから気合入れてやる
などなど、十人十色ですよね。

僕自身は、向上心のある誰かの人生に良い影響をあたえるためなら、
一気に気合いが入ります。
いまは海外就職というテーマに気合いを込めて取り組んでいます。

ということで、引き続き、
「気合いを込めて仕事できているか?」
と自分自身の気持ちを確かめながら、
前に進んでいきたいと思います。