カンボジアでの人材紹介サービスと会社設立についてのご報告

さて、ついに会社設立に近づき、サービスがオープンとなりましたので、
ブログにてご報告差し上げます。

私、今 啓亮(こん けいすけ)は、
T.A.G Job Center Co., Ltd.を立ち上げました。
日本語で言うとTAGジョブセンターなので、
TAG仕事紹介所という意味合いです。

TriAsiaGroup(プノンペン 代表取締役・横井朋幸氏)と
パールマーケティングソリューションズ(東京、代表取締役・竹村 悟志氏)による
在カンボジアの合弁会社です。
代表取締役は私が務めさせて頂きます。

事業内容は、ずばり『人材』。
カンボジアの人材や仕事に関する社会的課題を解決する事業を行う会社です。

この度、以下2つのサービスをリリースさせて頂きます。

1:『Camup Agency (キャムアップ エージェンシー)』
$今啓亮のカンボジアビジネスブログ

2:『Camup Job Board (キャムアップジョブボード)』
$今啓亮のカンボジアビジネスブログ

以下、個人的な決意表明と事業設立経緯について記載します。

*  *  *

2013年3月末にカンボジアに来てから、約2ヶ月が経とうとしています。
人材関連事業を行うことだけを決めて、カンボジアの地に飛び来んで参りました。

まずカンボジアに来てから始めたことは、たくさんの人と話す事でした。
日系企業様、現地企業様、現地の職業斡旋所(ハローワーク)、大学のキャリアセンター、大学教授、ボランティア施設、日本語学校、スラムの子供たち、大学生、大学院生、カフェ店員など、さまざまな人たちと話しました。
$今啓亮のカンボジアビジネスブログ
郷に入れば、郷に従え。という言葉がありますが、まずは「郷に入り、郷を知る」ということが重要だと考えています。

いろんな立場の方々から教えて頂いたカンボジアの大きな課題は、
『企業と求職者のミスマッチ』・『すぐに人が辞めてしまう』・『ハイレベル人材の不足』という3つでした。

これらの問題点を事業として解決していきたいと考えています。当然、大変な道ではありますが、課題が解決さえできればカンボジアに貢献できますし、社会を支える大きなビジネスにもなります。

今月(2013年5月)に第一弾として、ハイレベル人材の紹介サービス、『Camup Agency (キャムアップ エージェンシー)』を立ち上げました。このサービスはカンボジア進出される日系企業様、カンボジアで活動される日系企業様を中心として、条件に合った最適人材をご紹介しております。求職者とは弊社が100%、一次面接を行っているため、事前にミスマッチの解決ができています。

採用が決まらなければ一切費用を頂かない「完全成果報酬制」という点がご好評頂いており、多数の日系企業様やこれから進出される企業様からの求人依頼が多数寄せられています。またサービス開始から2週間で、既にご採用頂いた実績も出ています。

求職者向けにも、カンボジアで一般的になってきたスマホ・タブレット端末でも見ることのできる『Camup Job Board (キャムアップジョブボード)』も今月リリースしております。フェイスブックでの求人情報サービスで、いいね!を押して頂いたユーザーに最新求人情報が届く仕組みになっています。
$今啓亮のカンボジアビジネスブログ

引き続き、カンボジアのニーズに合わせつつ、
社会的な課題の解決に強く寄与していきます。