『人身取引の現状と解決方法』講演会を開催します。

8月17日(土)18時より、かものはしプロジェクトの田中香苗さんを

お招きして、プノンペンで講演会を開催させていただくことになりました。

警察の支援をすることで、問題を根本から解決しようとする中での貴重なお話になります。
カンボジアに住んでいても、なかなか聞く機会がないと思いますので、
ご関心のあられる方はご参加頂けると嬉しいです。

———————————————-

『カンボジアの子どもの人身取引の現状と解決方法』
かものはしプロジェクト 田中香苗さん講演会&夕食会

子どもの人身取引等を根本的に解決すべく
カンボジアで活動するNPO法人かものはしプロジェクト。

その中でもカンボジア警察の能力向上支援に従事する田中香苗さんをお招きして、
カンボジアにおける人身取引などの現状をお伝えして頂きます。

内務省・国家警察との仕事とは?
警察・司法が抱える問題とは?
被害者の方たちがもう一度学校や社会に復帰する方法とは?
タイや中国への労働目的の人身取引の実態とは?

この機会に現状を知り、
一緒に解決方法について考えてみませんか?

【警察支援による問題解決事例】
Before
子どもや女性が被害者となる人身売買などが深刻な問題となっていました。こうした犯罪に適切に対処できる警察官が存在せず、また警察官の汚職や腐敗が蔓延し、賄賂を受け取り加害者を見逃すケースが後を絶ちませんでした。。また、被害者の救出や事件の摘発に関わったNGO職員が脅迫を受けるような状態でした。


After
カンボジア内務省内に設置された人身取引プロジェクト(LEAP)の主導により、特別な警察チーム(人身取引特別警察)が各州に設置され、捜査研修等を通じて高い能力を持った警察官が次々に養成されました。結果として、摘発件数が増え公然と売春宿で子どもが売られるという状況は明らかに減りました。。また、人身取引特別警察の間で、子どもを保護しながら、捜査を進めるという考え方が定着しつつあります。

上記のような問題に対して現場で動かれていらっしゃる、
かものはしプロジェクト警察支援担当の田中香苗さんにkiriya cafe 278で御話し頂きます。

【開催日時】
日時:2013年8月17日(土) 18:00~19:00
場所:kiriya cafe 278 *二号店・バーストリート
料金:無料

【交流会】
19:00より田中香苗さんを囲んで、有志で交流会を開催します。
飲み物は各自でオーダーし、5ドルでフードメニューをオードブル形式で
ご提供する形を予定しています。

【講演者紹介】
田中香苗(たなか かなえ) :1983年生まれ。
NPO法人かものはしプロジェクト法執行・調査連携担当マネジャー

早稲田大学大学院法務研究科修了(法務博士)。
大学院卒業後、外務省等にて国際公法分野の任期付職員として勤務した後、
国際人権NGOのスタッフを経て、2012年8月よりNPO法人かものはしプロジェクトにて
法執行(警察)・調査連携担当として入職。
カンボジアを拠点に、国際機関やNGOと連携した
内務省警察支援プロジェクトや、調査・連携事業を担当。