『足に魂込めました。』

FCのスポンサーをさせていただくことを機に、
カズの伝記、とも言える、『足に魂込めました。』をお薦めして頂き、
早速、日本から取り寄せて読みました。

「足に魂こめました」 カズが語った[三浦知良] (文春文庫)/文藝春秋

¥600
Amazon.co.jp

キングカズ、すごいです。

決して、体格や体力に優れていたわけではない彼が、
なぜ、ここまでスーパープレイヤーになれたか、
なぜ、ここまで尊敬されているのか、
がわかったような気がします。

中学3年時の高校への進路相談で、
「第一志望:ブラジル」と書くくらい、
自分の夢に前のめりな姿勢。
感動しました。

40歳を超えても「いまが一番努力している」と言える大人。
かっこいいです。

結局は、想い・情熱・魂。
そういった気持ちの部分が、現実を動かしていくのだと思います。

自分の仕事においても、
「一人一人に魂を込める。」
「一社一社に魂を込める。」

アツ苦しい話かもしれませんが、
そんな気持ちで仕事をしていきたいと思います。