営業職はクリエイティブ職である。

「営業はすごく楽しい!」
ということをいつも思っているので、
その楽しさの理由について少しご紹介します。

やはり、一番楽しい理由としては
”成果”と”成長”がわかりやすいことですね!
また、最近、上司から教わった考え方があります。
それは「営業職はクリエイティブ職である。」
ということです。

ルーチンワークでマニュアル通りに
営業活動をするのではなく、
相手の抱えている問題点・ニーズを聞き、
相手にとってのメリットを考えてご提案する。

目の前の相手にとっての、メリットを真剣に考える。
目の前の相手にとっての、ベストな選択を考える。
ということが営業の本来の仕事だと思っています。
身近な例で言えばジュースを友達に買っていく時に、
何の飲み物をあげれば喜ばれるかを真剣に考える。
のと同じような感じな気がします(笑)

眠そうだから、コーヒー。
今日は暑いから、炭酸飲料。
のどが乾いているから、緑茶。
ダイエット中だから、ヘルシア。
みたいなことです(笑)
営業マンといえば体育会系イメージがあったりもしますが、
実は非常に頭を使い、相手のことを真剣に考え続けるという、
文化系なクリエイティブ職だと思います。

目の前の人を喜ばせられる能力というのは、
営業マンだけではなく、人として重要ですよね。