人は城。人は石垣。

 本を読んでいて、武田信玄の言葉が良かったので、メモ。

『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、讎(あだ)は敵なり』

人材こそすべて、ということですね。

ちなみに、
部下達への動機づけのための三ヶ条をあげていたようです。

1、戦場では何が功績となり、何が功績とならないかの判断基準を明確にし、
そのための思想教育を徹底する。

2、人物をよく見極め、それぞれに適した役を命ずること

3、功績のあるものには、その程度に応じて上・中・下をよく吟味して
三段階に分けて功賞を与えること。

ほんと、会社における組織経営そのものですね!

もっと社員の能力を引き出せるのだろうなあ、、
まだまだマネジメント力を磨いていきたいです。

最後に同じく武田信玄の言葉メモ。

『甘柿も渋柿も、ともに役立てよ』

適材適所マネジメントを心がけ、
人材の良い部分を引き出していきたいです!