月初めに!恒例の!

 3月がスタートしたということで、
恒例の月初会議を行いました。

新入社員2名の紹介から始まり、
マネージャーからの2月振り返りと3月目標の発表。

最後に僕からのメッセージとビジョンの共有。

今回は
「売上=お客様からの感謝」
ということを改めて伝えました。

売上がないことは、世の中からの感謝がないということ。
つまり、価値が少ないということ。

売上があることは、世の中からの感謝があるということ。
つまり、価値があるということ。

これは元リンクアンドモチベーション取締役の藤崎様から教えて頂いた言葉ですが、

「売上があるということは世の中から、
“まだここに存在していていいよ”
と言われているということ。」

上記の内容を出来る限り、わかりやすい言葉で伝えたつもりなので、
なんとなくでも伝わっていてくれると嬉しいなあ。。

企業はボランティア団体ではないからこそ、
企業は売上を上げ続ける必要がある。

お客様のために頑張って、頭と体に汗かき、
喜んでもらうことで、価値が認められて、
それで、初めて存在する意味ができる。