アイディアの種は、雑談から始まる。

いやー、ほんと。

良い社員が多く、嬉しい日々です。

2ヶ月連続でNo.1の成果を出した、
カンボジア人社員の給与を上げ、役職をアップしました。
非常に喜んでくれて、こちらも嬉しく思いました。

彼女はすごい。バリバリと働いてくれています。
仕事以外の部分でも、すごいなー、と思うことばかり。
・昼ごはんは毎朝自分で弁当を作って持ってくる。
・帰宅前にオフィスの共有スペースで、中国語を勉強して帰る。
・休日は両親の自営業を手伝う

カンボジア人の性格の良さが強みとなっている、
優秀なスタッフたちが多いです。

優秀なスタッフと普通に雑談をしていると、
ふとアイディアが出てきます。

それもアイディアと呼べるほどではないくらいの、
めちゃ小さな話題やネタ。

そんな雑談の雑談から、

「ん?でも、それってさ、ウチでもできそうじゃない!?」

「え!そんなに人気なら、こんな感じでやってみない!?」

「カンボジア人の大学生って、普段そんな生活をしてんの!?
だったら、こういうふうにしてあげたら良くない!?」

など、雑談からアイディアに昇華されることが多いです。

あとは、
アイディアからプランにして、
プランから実行にして、
実行の結果、大きな成果を得る。
それをきちんと積み重ねられるかですね。

スタッフとの普段の雑談や、ふとした興味や疑問も大事にしながら、
会社としての行動量を積み重ねていきたいです。